どちらも一長一短がある

最近は電子書籍なんかがあるので単行本を本屋さんで買う人って少なくなっているような気がするのですが実際にはやっぱり手に取って読める本が良いという人も多いと思います。個人的にも紙の本の方が好きですし、電子書籍というのはしばらく見ていると眼が疲れてしまいますからね。

何というか現代人はとにかく毎日何時間と電子パネルを見ていたりするのでこれはあまり健全ではないように思えてしまうわけです。特に子供なんかはスマホを何時間も観ていたりしますからね。まぁ、それが絶対にダメというわけではないのかもしれませんがやっぱり紙の書籍の方が目に優しいのではないでしょうか。

この辺に関してはもう個人の好みなのでとやかく言うつもりはありませんが何にしても全て電子化してしまうのはどうかと思ってしまうわけです。紙の方が前のページを読み返したりもしやすいですし。何より本そのものがインテリアとして雰囲気を作り出したりする側面もあったりしますから。

ただし、何百冊もあるとそれはそれで面倒になるというデメリットもあるのでそこは電子書籍に軍配が上がるのかもしれませんが。まぁ、そう考えるとどちらも一長一短があるということなのかもしれません。結局の所は自分の好きな方を選ぶのが一番だということなのでしょうね。

ですが、紙の方は売ることができるというメリットもあるのでそういったことを踏まえた上で作品は購入するべきだと思います。データは中古として販売することはできませんが現物ならそれができるので次の作品の購入を考えるとやっぱり売却できる物の方が良いのではないでしょうか。